2023年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介


2023年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家には、パッヘルベル、ワーグナー、ブラームス、グリーグ、ラフマニノフ、モンポウ…などがあげられます。

この記事では、2023年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家の中で、特にピアノ曲で有名な作曲家についてご紹介しています。



2023年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家たち

一般的に記念年は10年単位で祝われます。

2023年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家」ということは、「生まれた年の西暦下一桁の数字が3になる作曲家」ということです。

それでは、2023年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家をみていきましょう。

  • 生誕370年 1653-1706 Pachelbel(パッヘルベル)
  • 生誕340年 1683-1764 Rameau(ラモー)
  • 生誕280年 1743-1805 Boccherini(ボッケリーニ)
  • 生誕210年 1813-1870 Oesten(エステン)
  • 生誕210年 1813-1883 R・Wagner(ワーグナー)
  • 生誕210年 1813-1888 Alkan(アルカン)
  • 生誕210年 1813-1901 Verdi(ヴェルディ)
  • 生誕190年 1833-1887 Borodin(ボロディン)
  • 生誕190年 1833-1897 Brahms(ブラームス)
  • 生誕180年 1843-1907 Grieg(グリーグ)
  • 生誕160年 1863-1934 Nazareth(ナザレー)
  • 生誕150年 1873-1943 Rakhmaninov(ラフマニノフ)
  • 生誕140年 1883-1918 Kuula (クーラ)
  • 生誕130年 1893-1987 Mompou(モンポウ)
  • 生誕110年 1913-1976 Britten(ブリテン)


ラフマニノフ 生誕150年

ラフマニノフは、1873年にロシアで生まれた作曲家・ピアニスト・指揮者です。
以下の計算により2023年に生誕150年を迎えることがわかります。
2023 - 1873 = 150

13のプレリュード作品32-11


Prelude Op. 32 No. 11 in B major by Sergei Rachmaninoff / YouTube

 曲目 Prelude Op. 32 No. 11(13のプレリュード作品32-11)
 作曲 Sergei Rachmaninoff(セルゲイ・ラフマニノフ)
 演奏 Adrian Brendle

長調ながら少し物悲しげな曲調です。

この曲はロ長調です。

「ラフマニノフ」のラベルが付いた記事はこちら







2023年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家

この記事では、2023年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家についてご紹介しました。
一般的に記念年は10年単位で祝われ、生誕を記念したもの没後を記念したものがあります。

2023年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家は以下の記事で紹介しています。

記念年全般について詳しく説明した記事はこちら

◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

2020年〜2029年|メモリアルイヤーを迎える作曲家《まとめ》

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

作曲:ラフマニノフ|「ヴォカリーズ作品34-14」《ピアノ独奏版》3つの編曲

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

「風のように」S.E.N.S. (センス)|ドラマ《あすなろ白書》の曲

クラシックピアノ曲|イ長調|A-dur(シャープ3つ)

作曲:グリーグ|抒情小品集 第8集 第6曲「トロルドハウゲンの婚礼の日」