2029年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介



2029年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家には、メンデルスゾーン、ムソルグスキー、レスピーギ、プーランク…などがあげられます。

この記事では2022年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家の中で、特にピアノ曲で有名な作曲家についてご紹介しています。


2029年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家たち

一般的に記念年は10年単位で祝われます。

2029年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家」ということは、「生まれた年の西暦下一桁の数字が9になる作曲家」ということです。

それでは、2029年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家をみていきましょう。
  • 生誕280年 1749-1801 Cimarosa(チマローザ)
  • 生誕220年 1809-1847 Mendelssohn(メンデルスゾーン)
  • 生誕200年 1829-1869 Gottschalk(ゴットシャルク)
  • 生誕200年 1829-1894 A・Rubinstein(アントン・ルビンシテイン)
  • 生誕190年 1839-1881 Mussorgsky(ムソルグスキー)
  • 生誕150年 1879-1936 Ottorino Respighi(レスピーギ)
  • 生誕150年 1879-1962 Ireland(アイアランド)
  • 生誕130年 1899-1963 Poulenc(プーランク)

アントン・ルビンシテイン 生誕200年

ルビンシテインは、1829年にロシアで生まれた作曲家です。
以下の計算により2029年に生誕200年を迎えることがわかります。
2029 - 1829 = 200


Cherkassky plays Rubinstein "Melody" in F / YouTube

 曲目  "Melody" in F(メロディ 第1番 op.3-1 「ヘ調の旋律」)
 作曲 Anton Rubinstein(アントン・ルビンシテイン)
 演奏 Shura Cherkassky(シューラ・チェルカスキー)

チェルカスキー(1909年-1995年)は、ウクライナ出身のピアニストです。
特にシューマン・ルビンシテイン・ラフマニノフ・ゴドフスキーの演奏を得意のレパートリーとしていました。

ルビンシテイン(1829年-1894年)は、ベートーヴェン(1770年-1827年)をとても尊敬していたと言われています。またルビンシテインはベートーヴェンと容貌がよく似ていたということで、「ヴァン二世」とも呼ばれていたそうです。
ルビンシテインは、ベートーヴェンの亡くなった2年後に生まれています。


2029年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家

この記事では、2029年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家についてご紹介しました。
一般的に記念年は10年単位で祝われ、生誕を記念したものと没後を記念したものがあります。

2029年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家は以下の記事で紹介しています。

記念年全般について詳しく説明した記事はこちら







◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ニ長調|D-dur(シャープ2つ)

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

クラシックピアノ曲|変イ長調|As-dur(フラット4つ)

クラシックピアノ曲|変ホ長調|Es-dur(フラット3つ)

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

クラシックピアノ曲|変ロ長調|B-dur(フラット2つ)

クラシックピアノ曲|変ニ長調|Des-dur(フラット5つ)