調性|ハ短調の説明|C minor(フラット3つ)

Pixabay

ハ短調について簡単に説明します。


ハ短調とは

ハ短調とは、ハ音を主音とする短調です。

ハ音とは「」のことです。


ハ短調の音階

ハ短調の音階は「ド・レ・ミ♭・ファ・ソ・ラ♭・シ♭・ド」と並んでいます。

音階とは、文字通り音を階段のように並べたものですね。


短調の音階のことを短音階と言います。

短音階(自然的短音階)は「全全全全」という音程間隔で並んでいます。


主音の「
音上の
音上のミ♭
音上のファ
音上の
音上のラ♭
音上のシ♭
音上の

ポピュラー音楽界では、短音階のことをマイナー・スケール(minor scale)と呼びますね♪

※本来の短音階(自然的短音階)の他に、「和声的短音階」や「旋律的短音階」があります。


ハ短調の調号

ハ短調の調号は、ハ短調の音階を見た通り♭3個です。

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ


調号に♭が付く順番は「シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファ」と覚えることができます。

ハ短調の調号は♭3個なので「シ・ミ・ラ」の3つの音に♭が付くということですね。


♭1個(シ)
♭2個(シ・ミ)
♭3個(シ・ミ・ラ)
♭4個(シ・ミ・ラ・レ)
♭5個(シ・ミ・ラ・レ・ソ)
♭6個(シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド)
♭7個(シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファ)


ハ短調の平行調

ハ短調の平行調は変ホ長調です。

平行調とは、同じ調号によって示される調のことです。

つまり、ハ短調と変ホ長調は調号が同じということですね。


  • 調号が♭3個で短調の場合は「ハ短調」
  • 調号が♭3個で長調の場合は「変ホ長調」


短調の主音の短3度上が平行調の長調の主音になるので、

ハ短調の主音はド

ドの短3度上はミ♭

ミ♭を主音とする長調は変ホ長調

という感じに覚えることができます。

※短3度とは、半音3つ分の幅のことです。


ハ短調と変ホ長調を聴き比べる

基本的に長調の曲は明るい感じ、短調の曲は暗い感じがしますね。

さらに、変ホ長調には変ホ長調らしい明るさ、ハ短調にはハ短調らしい暗さもあるように思います。

多くの曲を調性ごとに聴き比べてみると、調性特有の感じ(調性感)を感じとることができるかもしれません。


調性別にクラシックのピアノ曲を聴き比べられるように、調性ごとの再生リストを作ってみました。

YouTubeの再生リストです。

よかったら実際に聴き比べてみてくださいね♪

▶ c moll ハ短調♭3 / YouTube

▶ Es dur 変ホ長調♭3 / YouTube

随時追加しています。

◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ニ長調|D-dur(シャープ2つ)

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

クラシックピアノ曲|変イ長調|As-dur(フラット4つ)

クラシックピアノ曲|変ホ長調|Es-dur(フラット3つ)

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

クラシックピアノ曲|変ロ長調|B-dur(フラット2つ)

クラシックピアノ曲|変ニ長調|Des-dur(フラット5つ)