作曲:グルック|「精霊の踊り」ヴィルヘルム・ケンプ編曲


グルック

グルックは、主にオーストリアとフランスで活躍したドイツ出身のオペラの作曲家です。


オペラ「オルフェオとエウリディーチェ」

オペラ「オルフェオとエウリディーチェ」は3幕からなるイタリア語のオペラです。

第2幕 第2場の「精霊の踊り」の間奏曲は、特に有名なメロディーです。

きっと一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

なんとも素敵なメロディですね。


精霊の踊り

ヴィルヘルム・ケンプはこの「精霊の踊り」の間奏曲をピアノ独奏用に編曲しました。




Wilhelm Kempff: Gluck, ‘La Plainte d'Orphée’ / YouTube

  • 曲目:Reigen Der Seligen Geister(精霊の踊り)
  • 作曲:Christoph Willibald (von) Gluck(クリストフ・ヴィリバルト・グルック)
  • 演奏:Wilhelm Kempff(ヴィルヘルム・ケンプ)


ヴィルヘルム・ケンプ

収録アルバム: Wilhelm Kempff - Great Recordings



◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ニ長調|D-dur(シャープ2つ)

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

クラシックピアノ曲|変イ長調|As-dur(フラット4つ)

クラシックピアノ曲|変ホ長調|Es-dur(フラット3つ)

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

クラシックピアノ曲|変ロ長調|B-dur(フラット2つ)

クラシックピアノ曲|変ニ長調|Des-dur(フラット5つ)