作曲:レハール|オペレッタ「メリー・ウィドウ」《陽気な未亡人》 ピアノ演奏


レハール作曲のオペレッタ「メリー・ウィドウ」と、ピアノ演奏による「メリー・ウィドウ・ワルツ」についてまとめました。

メリー・ウィドウ

メリー・ウィドウは、レハールが作曲した3幕からなるオペレッタ(喜歌劇)です。

The Merry Widowとは、“ 陽気な未亡人 ”という意味です。


オペレッタの特徴

オペレッタは“ 小さいオペラ ”を意味します。

でも、演奏時間が必ずしも短いというわけではないようです。

基本的には喜劇でハッピーエンドに終わります。




レハール:メリー・ウィドウ (1991年)【全曲・日本語字幕】 / YouTube

「メリー・ウィドウ」のあらすじ

登場人物

●ハンナ《莫大な遺産を持っている未亡人》
●ダニロ《外交官でハンナの元恋人》
●ツェータ男爵《ポンテヴェドロ国の公使》
■ヴァランシェンヌ《公使夫人》
■カミーユ《公使夫人の愛人》

莫大な遺産を持っている未亡人のハンナ

ポンテヴェドロ国の公使ツェータ男爵は、ハンナの莫大な遺産が国外へ流出してしまわないよう自国の男性と結婚させたがっている

ハンナの元恋人であるダニロにハンナと復縁するよう勧めるが

二人はお互い惹かれ合っているにも関わらず、素直になれない…


夫の遺言により、自分は再婚すれば財産を失うのだと言うハンナ
それを聞いて求婚するダニロ

続けて財産は再婚した夫のものになるのだというハンナ

それでハッピーエンド

というお話です。

フランツ・レハール

レハール(1870年 - 1948年)は、オーストリア=ハンガリー帝国生まれの作曲家です。

特にオペレッタの作品で有名です。




Merry Widow Waltz (Lehar) / YouTube





André Rieu - Lippen Schweigen (from The Merry Widow) / YouTube

ピアノ演奏による「メリー・ウィドウ・ワルツ」

ピアノのための編曲はいくつかのバージョンがあります。

ピアノ演奏



Franz Lehar for Piano - The Merry Widow Waltz / YouTube

ピアノ演奏



Waltz Kings: Lehar - The Merry Widow (Ballsirenen) (Piano) / YouTube

Obscura Piano Musica / YouTubeチャンネル


ピアノ演奏



メリーウィドウ・ワルツ The Merry Widow Waltz 源氏万記子 / YouTube

楽譜《メリー・ウィドウ・ワルツ》

全音ピアノピースが出ています。

興味のある方は是非弾いてみてくださいね。


レハール自身による演奏

ピアノロールによるレハール本人の演奏が現存しているようです。

レハールのピアノ演奏を聴くことができるとても貴重な動画です。



Franz Lehar plays The Merry Widow Waltz (Lustige Witwe) - Piano Roll / YouTube



◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

調性|ハ短調の説明|C minor(♭3)

調性|ホ長調の説明|E major(#4)

「あこがれ / 愛」ジョージ・ウィンストン《心に残る旋律》

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

ピアノ曲(鍵盤曲)で有名な作曲家一覧《クラシック音楽》

クラシックピアノ曲|ニ長調|D-dur(♯2)

調性|嬰ヘ長調の説明|F sharp major(#6)

調性|変イ長調の説明|A flat major(♭4)

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村