2021年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介



2021年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家には、モーツァルト、ムソルグスキー、サン=サーンス、ストラヴィンスキー…などがあげられます。

この記事では2021年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家の中で、特にピアノ曲で有名な作曲家についてご紹介しています。




2021年に没後メモリアルイヤー迎える作曲家たち

一般的に記念年は10年単位で祝われます。

2021年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家」ということは、「亡くなった年の西暦下一桁の数字が1になる作曲家」ということです。

それでは、2021年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家をみていきましょう。
  • 没後270年 1671-1751 Albinoni(アルビノーニ)
  • 没後230年 1756-1791 Mozart(モーツァルト)
  • 没後220年 1749-1801 Cimarosa(チマローザ)
  • 没後160年 1834/1838頃-1861 Badarzewska(バダジェフスカ)
  • 没後140年 1839-1881 Mussorgsky(ムソルグスキー)
  • 没後120年 1813-1901 Verdi(ヴェルディ)
  • 没後100年 1835-1921 Saint-Saens(サン=サーンス)
  • 没後  80年  1856-1941 Sinding(シンディング)
  • 没後  80年  1860-1941 Paderewski(パデレフスキー)
  • 没後  70年  1874-1951 Schoenberg(シェーンベルク)
  • 没後  70年  1878-1951 Palmgren(パルムグレン)
  • 没後  50年  1882-1971 Stravinsky(ストラヴィンスキー)
  • 没後  40年  1910-1981 Barber(バーバー)

参考記事:メモリアルイヤーを迎える作曲家《まとめ》

サン=サーンス 没後100年

サン=サーンスは、1921年に亡くなったフランス出身の作曲家です。
以下の計算により2021年に没後100年を迎えることがわかります。
2021 - 1921 = 100


The Swan, piano (Saint-Saëns/Godowsky) / YouTube

 曲目 組曲『動物の謝肉祭』より「白鳥」
 作曲 Charles Camille Saint-Saëns(カミーユ・サン=サーンス) / Leopold Godowsky(レオポルド・ゴドフスキー)
 演奏 Silvije Vidovic

編曲者のゴドフスキー(1870年-1938年)は、現在のリトアニア出身のピアニスト・作曲家・教師です。オリジナル作品の他、数多くの作品を編曲しました。

サン・サーンス の「白鳥」の編曲もその一つです。


2021年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家

この記事では、2021年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家についてご紹介しました。
一般的に記念年は10年単位で祝われ、生誕を記念したもの没後を記念したものがあります。

2021年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家は以下の記事で紹介しています。

記念年全般について詳しく説明した記事はこちら

◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

2020年〜2029年|メモリアルイヤーを迎える作曲家《まとめ》

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

作曲:ラフマニノフ|「ヴォカリーズ作品34-14」《ピアノ独奏版》3つの編曲

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

「風のように」S.E.N.S. (センス)|ドラマ《あすなろ白書》の曲

クラシックピアノ曲|イ長調|A-dur(シャープ3つ)

作曲:グリーグ|抒情小品集 第8集 第6曲「トロルドハウゲンの婚礼の日」