作曲:ブラームス|4つの小品op.119

Free-Photos / Pixabay



ブラームス(1833年-1897年)は、ドイツの作曲家です。

1893年に作曲された「4つの小品op.119」はブラームス晩年の作品です。

この作品の第1曲「間奏曲(インテルメッツォ)ロ短調」は、特に憂鬱にさまよいながらも抑えがたい気持ちが込み上げてくるような、また熱い気持ちに突き動かされそうでありながら静かに終わる感じにどこか諦めのような切なさも感じる憂いをもった美しい曲です。

4つの小品op.119





 Brahms 4 Pieces for Piano Op.119, Radu Lupu / YouTube

0:05~  第1曲インテルメッツォ ロ短調
3:19~  第2曲インテルメッツォ ホ短調
8:37~  第3曲インテルメッツォ ハ長調
10:19~ 第4曲ラプソディー  変ホ長調

 曲目 4つの小品op.119-1インテルメッツォ
 作曲 Johannes Brahms(ヨハネス・ブラームス)
 演奏 Radu Lupu(ラドゥ・ルプ)


ラドゥ・ルプーは、ルーマニア出身のピアニストです。


Intermezzo(インテルメッツォ)とは間奏曲のことです。


◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

2020年〜2029年|メモリアルイヤーを迎える作曲家《まとめ》

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

作曲:ラフマニノフ|「ヴォカリーズ作品34-14」《ピアノ独奏版》3つの編曲

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

「風のように」S.E.N.S. (センス)|ドラマ《あすなろ白書》の曲

クラシックピアノ曲|イ長調|A-dur(シャープ3つ)

作曲:グリーグ|抒情小品集 第8集 第6曲「トロルドハウゲンの婚礼の日」