作曲:ショパン|12の練習曲 作品10-4 嬰ハ短調

Simon / Pixabay
 


ショパンの練習曲作品10-4は、はち切れんばかりの感情が一気に噴出したかのような曲です。

練習曲とは言え音楽的にも素晴らしく、演奏会で取り上げられることも多いです。


ショパンの練習曲作品10-4





Chopin Etude Op 10 No.4 Valentina Lisitsa - YouTube


 曲目 Etude Op 10 No.4(練習曲作品10-4)
 作曲 Frédéric François Chopin(フレデリック・フランソワ・ショパン)
 演奏 Valentina Lisitsa(ヴァレンティナ・リシッツァ)





 
 
ショパン(1810年 - 1849年)は、ポーランドを代表する作曲家です。

作曲のほとんどはピアノ独奏曲で、ピアノの詩人とも呼ばれています。

この曲は嬰ハ短調です。




この曲はドラマ「のだめカンタービレ」でも使用されていました。

◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

2020年〜2029年|メモリアルイヤーを迎える作曲家《まとめ》

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

作曲:ラフマニノフ|「ヴォカリーズ作品34-14」《ピアノ独奏版》3つの編曲

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

「風のように」S.E.N.S. (センス)|ドラマ《あすなろ白書》の曲

クラシックピアノ曲|イ長調|A-dur(シャープ3つ)

作曲:グリーグ|抒情小品集 第8集 第6曲「トロルドハウゲンの婚礼の日」