作曲:メンデルスゾーン|無言歌集 第3巻 第6曲「デュエット(二重唱)」

moonzigg / Pixabay



メンデルスゾーンの無言歌集 第3巻の第6曲「"Duetto"デュエット(二重唱)」は、女性パートと男性パートを思わせる上声部と下声部の二重奏になっています。

愛に溢れた幸せな曲です。


無言歌集 第3巻 第6曲「デュエット(二重唱)」





Alicia de Larrocha plays Mendelsshon - Songs without Words, Op.38, No.6 "Duetto" - YouTube


 曲目 Duetto 無言歌集第3巻第6曲「デュエット(二重唱)」
 作曲 Felix Mendelssohn(フェリックス・メンデルスゾーン)
 演奏 Alicia de Larrocha(アリシア・デ・ラローチャ)


 ラローチャ(1923年 - 2009年)はスペイン出身のピアニストです。


メンデルスゾーンが命名した題名


無言歌集の原題は、“Lieder ohne Worte”(ドイツ語)です。

言葉のない歌(Songs without Words)という意味です。


無言歌集は全8巻に6曲ずつ全部で48曲あります。

「デュエット」という題名はメンデルスゾーン本人が命名したと言われています。


メンデルスゾーンが命名した無言歌集は以下の通りです。

  • 第1巻「ヴェネツィアの舟歌(ベニスのゴンドラの歌)」
  • 第2巻「ヴェネツィアの舟歌(ベニスのゴンドラの歌)」
  • 第3巻「デュエット(二重唱)」
  • 第4巻「民謡(フォルクス・リート)」
  • 第5巻「ヴェネツィアの舟歌(ベニスのゴンドラの歌)」

無言歌集は第1巻から第8巻までありますが、第7巻と第8巻はメンデルスゾーンの死後に出版されました。



言葉はいつも頼りないけど、この曲には愛が溢れています。

私の演奏となるとまた頼りなくなりますが。。

メンデルスゾーン 無言歌集より「二重唱(デュエット)」 - YouTube

次はもっと落ち着いてゆっくり弾こうと思います。


楽譜は全音ピアノ名曲100選 上級編を使用しています。




メンデルスゾーン (1809年-1847年)はドイツの作曲家です。



◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ニ長調|D-dur(シャープ2つ)

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

クラシックピアノ曲|変イ長調|As-dur(フラット4つ)

クラシックピアノ曲|変ホ長調|Es-dur(フラット3つ)

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

クラシックピアノ曲|変ロ長調|B-dur(フラット2つ)

クラシックピアノ曲|変ニ長調|Des-dur(フラット5つ)