2028年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介



2028年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家には、クープラン、フンメル、プッチーニ、ガーシュイン…などがあげられます。

この記事では2022年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家の中で、特にピアノ曲で有名な作曲家についてご紹介しています。



2028年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家たち

一般的に記念年は10年単位で祝われます。

2028年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家」ということは、「生まれた年の西暦下一桁の数字が8になる作曲家」ということです。

それでは、2028年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家をみていきましょう。
  • 生誕360年1668-1733 Couperin(クープラン)
  • 生誕250年1778-1837 Hummel(フンメル)
  • 生誕210年1818-1893 Gounod(グノー)
  • 生誕190年1838-1875 Bizet(ビゼー)
  • 生誕170年1858-1924 Puccini(プッチーニ)
  • 生誕160年1868-1924 Merikanto(メリカント)
  • 生誕150年1878-1951 Palmgren(パルムグレン)
  • 生誕130年1898-1937 Gershwin(ガーシュウィン)
  • 生誕120年1908-1992 Messiaen(メシアン)
  • 生誕110年1918-1990 Bernstein(バーンスタイン)

フンメル 生誕250年

フンメルは、1778年にハンガリーで生まれた作曲家です。
以下の計算により2028年に生誕250年を迎えることがわかります。
2028 - 1778 = 250



Francesco Libetta plays Hummel Rondo "Favori" for Piano in E-flat major, Op.11 - HD / YouTube

 曲目 Rondo "Favori" for Piano in E-flat major, Op.11(ロンド・ファヴォリ 変ホ長調Op.11)
 作曲 Johann Nepomuk Hummel(ヨハン・ネポムク・フンメル)
 演奏 Francesco Libetta(フランチェスコ・リベッタ)

フランチェスコ・リベッタ(1968年-)は、イタリアのピアニストです。
至難の業と言われる「レオポルド・ゴドフスキー編曲のショパンの練習曲」を一晩で全曲演奏したというピアニストです。

フンメルは現在ではあまり知られていない作曲家かもしれませんが、当時はベートーヴェン(1770年-1827年)と並び称されるほどであったと言います。

ツェルニー(1791年-1857年)・シューベルト (1797年-1828年)・メンデルスゾーン(1809年-1847年)・ショパン(1810年-1849年)らとも交流があり、かつ多大な影響を与えたとも言われています。

2028年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家

この記事では、2028年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家についてご紹介しました。
一般的に記念年は10年単位で祝われ、生誕を記念したもの没後を記念したものがあります。

2028年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家は以下の記事で紹介しています。

記念年全般について詳しく説明した記事はこちら




◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

2020年〜2029年|メモリアルイヤーを迎える作曲家《まとめ》

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

作曲:ラフマニノフ|「ヴォカリーズ作品34-14」《ピアノ独奏版》3つの編曲

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

「風のように」S.E.N.S. (センス)|ドラマ《あすなろ白書》の曲

クラシックピアノ曲|イ長調|A-dur(シャープ3つ)

作曲:グリーグ|抒情小品集 第8集 第6曲「トロルドハウゲンの婚礼の日」