2025年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介



2025年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家には、ビゼー、スクリャービン、サティ、ショスタコーヴィチ…などがあげられます。

この記事では2025年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家の中で、特にピアノ曲で有名な作曲家についてご紹介しています。




2025年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家たち

一般的に記念年は10年単位で祝われます。

2025年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家」ということは、「亡くなった年の西暦下一桁の数字が5になる作曲家」ということです。

それでは、2025年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家をみていきましょう。
  • 没後220年 1743-1805 Boccherini(ボッケリーニ)
  • 没後150年 1838-1875 Bizet(ビゼー)
  • 没後110年 1837-1915 Waldteufel(ワルトトイフェル)
  • 没後110年 1872-1915 Skryabin(スクリャービン)
  • 没後100年 1854-1925 Moszkowski(モシュコフスキー)
  • 没後100年 1866-1925 Satie(サティ)
  • 没後 80年  1881-1945 Bartok(バルトーク)
  • 没後 60年  1886-1965 山田耕筰
  • 没後 50年  1906-1975 Shostakovich(ショスタコーヴィッチ)


サティ 没後100年

サティは、1925年に亡くなったフランス出身の作曲家です。
以下の計算により2025年に没後100年を迎えることがわかります。
2025 - 1925 = 100


Erik Satie: Gymnopédie No. 1 / YouTube

 曲目 Gymnopédie No. 1(ジムノペディ 1番)
 作曲 Erik Satie(エリック・サティ)
 演奏  Lars Roos(ラルス・ルース)

サティの「3つのジムノペディ」は、全てゆったりとしたテンポの曲です。
この曲を聴くと眠れない夜も寝付けそうな気がします。

ラルス・ルースは、1945年生まれのスウェーデン出身のピアニストです。

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家

この記事では、2025年に没後メモリアルイヤーを迎える作曲家についてご紹介しました。
一般的に記念年は10年単位で祝われ、生誕を記念したもの没後を記念したものがあります。

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家は以下の記事で紹介しています。

記念年全般について詳しく説明した記事はこちら




◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

調性|ハ短調の説明|C minor(♭3)

調性|ホ長調の説明|E major(#4)

「あこがれ / 愛」ジョージ・ウィンストン《心に残る旋律》

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

ピアノ曲(鍵盤曲)で有名な作曲家一覧《クラシック音楽》

クラシックピアノ曲|ニ長調|D-dur(♯2)

調性|嬰ヘ長調の説明|F sharp major(#6)

調性|変イ長調の説明|A flat major(♭4)

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村