作曲:ラフマニノフ|12の歌曲op.21 第5番「リラの花」 第7番「ここはすばらしいところ」《ピアノ独奏》



ラフマニノフ


ラフマニノフはロシアのピアニスト・指揮者でもある作曲家です。

2023年に生誕150年を迎えます。


12の歌曲 op.21


ラフマニノフといえば、叙情的な管弦楽やピアノ作品を思い浮かべますが、

歌曲も数多く残されているようです。

例えば、12の歌曲 op.21は以下の通りです。

12のロマンス 作品21(1906年)
  1. 運命 - ベートーヴェンの交響曲第5番に寄せて
  2. 新しい墓の前で
  3. 夕暮れ
  4. 彼女たちは答えた
  5. リラの花(ライラック)
  6. ミュッセからの断章
  7. ここはすばらしい
  8. まひわの死に寄せて
  9. メロディ
  10. イコンの前に
  11. われは預言者にあらず
  12. 何と苦しいのだろう
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



第5番『リラの花』と第7番『ここはすばらしいところ』は、ピアノ独奏としても有名ですね。


第5番『リラの花』


第5番『リラの花』はとても美しい曲です。

リラとはライラックのことで

和名はムラサキハシドイ(紫丁香花)

白やピンクや紫の素敵な香りがする美しい花です。


「リラの花」は、ラフマニノフ本人によってピアノ独奏用として編曲されています。





Sergei Rachmaninov: Lilacs, Op. 21/5 / YouTube

 曲目 Lilacs, Op. 21/5(12の歌op.21-5 リラの花)
 作曲 Sergei Rachmaninov(セルゲイ・ラフマニノフ)
 演奏 Vladimir Ovchinnikov(ウラディーミル・オフチニコフ)






Rachmaninov(1873-1943) plays Rachmaninov Lilacs op.21-5 Rec.1942 / YouTube


曲目:Lilacs, Op. 21-5(12の歌曲 作品21-5 リラの花)
作曲:Sergei Rachmaninov(セルゲイ・ラフマニノフ)
演奏:Sergei Rachmaninov(セルゲイ・ラフマニノフ)


とても貴重な、ラフマニノフ本人よる演奏が残されています。




第7番『ここはすばらしいところ』



12の歌曲 作品21の12曲の中で《ライラック》とともに有名なのが

第7番「ここはすばらしいところ」です。





Arcadi Volodos - Lied: Het Is Mooi Hier - Rachmaninov | Podium Witteman / YouTube


曲目:How peaceful, Op. 21-5(12の歌曲 作品21-5 ここはすばらしいところ)
作曲:Sergei Rachmaninov(セルゲイ・ラフマニノフ)
編曲:Arkadij Volodos(アルカーディ・ヴォロドス)
演奏:Arkadij Volodos(アルカーディ・ヴォロドス)


アルカーディ・ヴォロドスはロシアのピアニストです。



第5番&第7番






Aida Garifullina - RACHMANINOV Siren & Zdes' khorosho! (Op.21 no.5&7) / YouTube


アイーダ・ガリフッリーナは、ロシアのオペラ歌手です。



関連記事




◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2025年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

クラシックピアノ曲|ト長調|G-dur(シャープ1つ)

2024年に生誕メモリアルイヤーを迎える作曲家一覧|ピアノ曲の紹介

2020年〜2029年|メモリアルイヤーを迎える作曲家《まとめ》

作曲:ヘンデル|クラヴサン組曲 HWV 434「メヌエット ト短調」ケンプ編曲《ピアノ演奏》

作曲:ラフマニノフ|「ヴォカリーズ作品34-14」《ピアノ独奏版》3つの編曲

クラシックピアノ曲|ハ長調|C-dur

「風のように」S.E.N.S. (センス)|ドラマ《あすなろ白書》の曲

クラシックピアノ曲|イ長調|A-dur(シャープ3つ)

作曲:グリーグ|抒情小品集 第8集 第6曲「トロルドハウゲンの婚礼の日」